老眼は50歳ごろから誰しもがなる現象です。近くのものが見えにくい、近くを見ていて遠方に視線を合わすとボケてしまうなどの症状が出てきます。また、私たちは情報の80%を眼から得ていると言われています。毎日酷使する眼。それぞれの仕事や生活の用途に合わせた老眼鏡を使用することでストレスのない、快適視生活をおくることができます。このたび、ニコンエシロールから新発売の遠近両レンズ「ロハス10」はライフスタイルに合わにて4種類のタイプが用意されています。そのうえフェイスプロフィールと言う、実際メガネを掛けた状態を計測して、一人ひとりに合わせてレンズを製作する、オーダーメイドレンズです。メガネを掛けた時、目とレンズ間の距離や顔に対してメガネレンズの角度は千差万別。その距離間や角度を計測してレンズの度数を調整します。まさにあなただけに合わせた最高の見え方を保証します。眼を酷使するあなたにお薦めします。

老眼鏡 ライフスタイルに合わせてレンズを選ぶ